ソウル女子旅2012~3日目

3日目の朝は、キムガネのキンパッ。

そういえばおかずで出てくるキムチ以外は辛いもの食べてませんね。ま、辛いものは日本でも食べられますから(笑)。

このお店では「メニューありますか」「水ください」「これとこれください」という旅行者丸出しではあるものの、ちゃんと韓国語で言えたので個人的に満足(笑)。

地下鉄で仁寺洞へ移動し、まずはお散歩。月曜日の朝なので、まだお店が開いていないのです。

仁寺洞ギルをずっと歩くと、タプコル公園の近くに大きな「日月五峰図」がー! ドラマで王様の後ろに置いてあるの見たことある!(というより、1万ウォン札に印刷されてるらしいのですが、この記事書くまで気付きませんでした)

ハングルで看板が出ている結構珍しいスターバックス。スタバに限らず仁寺洞のお店はコスメショップも看板がハングルで書かれてます。

サムジギルの開店時間まで余裕がありすぎたので、スタバで通りを見下ろしながらまったり。
内装も凝ってます。

ヘチがトラックに積まれてる(笑)。

ようやくサムジキルのオープン時間。

中はこんな感じで、不思議ならせん状の造りです。間口の小さなお店がたくさん並んでます。地元の人もいるし観光客もいて、お店の方はみなさん日本語がとても上手。でも明洞みたいなアツい接客はしないでいてくれるので(笑)、日本人にはとても買い物しやすい場所です。

古誾斎(旧手手軒)」 石鹸の専門店。

お土産用に伝統文様の小さな石鹸を買いました。1個1,000Wで、1つオマケしてくれました。オンラインで日本からも買えるそうです。

ポアル」 ポジャギ専門店。

母へのお土産に刺繍入りのポーチを購入。20,000Wぐらいだったと思います。
どのポジャギも目移りするほど美しくて、ほんとはもっとたくさん買いたかった~!

ハヌルホス」 韓方オーガニックコスメ専門店。
実は今回事前リサーチで一番注目していたお店。お店もたくさんは出ていないので、知る人ぞ知る・・・という感じ。

韓方化粧水 100ml 、韓方クレンジングパウダー、韓方マスクパック 美白・ニキビ、シャンプー 500ml、 シトロネラスプレーを購入。大量(笑)。

面白いのがシャンプー。中に「かしゅう」という植物が入ってるのです。早速使っていますが、ハッカの成分が爽やかで夏にはぴったり。泡立ちもいいし、コンディショナーなしでもキシキシしません。優秀。

もうひとつ面白いのが、クレンジングパウダー。クレンジングというよりは、泥っぽいスクラブみたいな感じです。水で溶かすというか練るというか伸ばす感じで顔をくるくる。本当にツルツルになります! オウゴンがオールスキンタイプ、センキュウが美白です。

※他はまだ試してないのでコメントなしです。

らせん状になっているフロアを上がると、いつの間にかこんなところに。草が生い茂ってますが、屋上なんです。

カフェの横には何かびっしり。

カップルの願い事かな~。韓国らしいです(笑)。

さて、一度サムジキルの外へ出て、今度は韓紙専門店でのお買い物。
韓紙工芸を始めたので、是非とも好きな色・柄を手に取って買いたい!というのが今回の旅行が決まってからの希望。

お店の外観撮るのを忘れてしまいましたが、大変入りにくい雰囲気(笑)の「張紙房」。

全紙サイズなので大きいです。1枚7,000W(≒490円)。

光に透かすとこんなに綺麗なんです~♪ こんな綺麗な紙があるなんて幸せだ~♪

他にも透かしの紙があったのですが、気後れして1枚しか買わなかったことをちょっと後悔・・・

もう一軒は、ガイドブックにも載っている「原州韓紙特約店」。

紙だけじゃ売れないのか、お店の手前のほとんどのスペースが韓流アイドルのグッズで占められていて(苦笑)。そのおかげか、人はひっきりなしに来てましたが、私は紙が見たーい! お店のおじさんに聞いて、奥まで入らせてもらい色々見繕って出してもらいました。値段も分からないのでほとんど直感で選んだ紙ばかり。
  
  
  
柄韓紙、色韓紙、染色紙など、合わせて20枚も買いましたが、40,000W(≒2,800円)でした。安っ!! お店では紙をまとめてロール状に包んでくれましたが、これ絶対スーツケースに入らないよね・・・折らなきゃいけないだろうなー。

昼食はいろいろ迷ったのですが、サムジキルの地下にある「古宮」でビビンパを食べることにしました。「全州伝統ビビンバ」11,000W(≒770円)です。ちゃんと二人で食べられるようにおかずも出してもらえます。

まぜまぜ。

綺麗に完食~♪ 日本で食べるのとは全然違いました。美味しかった~!

お得なセットメニューが多いようので、人数多い方がもっと楽しめると思います。

「古宮」の横には体験工房があって、韓紙や指輪作りや陶器への絵付けなどなど体験できるようです。楽しそうー!

またまた、サムジキルを出て、外でお買い物~。順番は多少前後しているかもしれません・・・
ソリハナ」 伝統小物を可愛くアレンジした雑貨屋さん。

ここはラッピングも素敵なのでお土産にもいいし、自分用にもいいものがたくさんありました。
我慢できず(笑)、自分用の文庫本カバーを購入。ちなみに文庫本は韓国にはあまりないみたいです(苦笑)。

「国際刺繍院」で買ったポジャギの端切れと刺繍のボタン。合わせて60,000Wぐらいだったかな。

腹ごなしのお買い物の後(笑)、伝統茶カフェへ行きました。
雰囲気のある路地の奥・・・

タルセヌン・タルマン・センガッカンダ 달새는 달만 생각한다」という難し過ぎる名前のお店(笑)。日本語では「月鳥は月だけを想う」というそうです。

親友は「五味子茶」をアイスで、私は憧れの「菊花茶」を頂きました。←「トンイ」の中で、まだ尚宮だったオクチョンがトンイと飲んでました。お茶受けのお菓子もサービスで出てきます。

店先の雰囲気も本当に素敵。隠れ家っぽいカフェです。

ホテルのピックアップが16:00。明洞に戻ってきたら、あと1時間しかありませんでした(汗)。私は本屋とパン屋、親友はロッテ百貨店のデパ地下へとそれぞれの用事のために散り、大急ぎで歩き回りました。最後までバタバタ(笑)。
乙支路入口駅を出たところに、なんか見たことのあるモノが。

いや、実物は見たことないんですが、慶州にある「瞻星台」のレプリカです! 善徳女王が作った新羅時代の天文台です。土砂降りの中、無理やり写真撮ってびしょ濡れになってました(笑)。
ちなみに本屋の用事はこの日発売予定の雑誌探し、パン屋は母から「Tous Les Jours」のパンを買ってきてと言われていたののおつかいでした。雑誌はまだ入荷してませんでしたが、パンは無事ゲット。

小走りで明洞を通り抜け(韓紙丸めたの持ってるせいか、さすがにコスメショップのお姉さんの呼び込みにも遭いませんでした・笑)、ホテルのロビーで荷物の詰め直し。最後までスリリングな時間の使い方でした。

空港でチェックイン後は1時間以上の余裕あり。ロッテリアがあったので、最後のパッピンスを食べました。3,200W(≒224円)。意外とオーソドックススタイルのパッピンス。

まぜまぜ。

氷はざらざらした感じですが、お値段控えめな分、量も控えめなおかげで、ちょうどいいおやつになりました。

あんまり美味しくなかった帰りの機内食・・・。

というわけで、最初は余裕~♪なスケジュールを組んだつもりが、意外とぎゅう詰めの旅になりました(笑)。
親友と二人の女子二人旅、楽しかったです!

広告