神奈川フィルハーモニー管弦楽団 定期演奏会 県民ホール名曲シリーズ 第1回

神奈川フィルハーモニー管弦楽団 定期演奏会
県民ホール名曲シリーズ第1回
@神奈川県民ホール 大ホール
2018年7月14日 15:00~

指揮:現田茂夫
ピアノ:久元祐子
ヴァイオリン:礒絵里子
ソプラノ:鷲尾麻衣
バリトン:宮本益光
フルート:上野由恵
ハープ:山宮るり子
合唱:神奈川フィル合唱団

モーツァルト/
歌劇「後宮からの逃走」序曲
ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219より第3楽章
フルートとハープのための協奏曲ハ長調K.299より第1楽章
ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467より第2楽章
ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466より第3楽章
歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527より“お手をどうぞ” “シャンパンの歌”
歌劇「フィガロの結婚」K.492より“恋とは、どんなものかしら”
歌劇「魔笛」K.620より“パパパの二重唱”
レクイエムニ短調K.626より“ラクリモーサ”
モテット「アヴェ・ヴェルム・コルプス」
交響曲第40番ト短調K.550より第1楽章
交響曲第41番ハ長調K.551より第4楽章


現田さんが嬉しそうにやりたい放題(←褒めてます)、こういうことやってもいいのかシリーズ(笑)。

聴く側としては、楽しんだ方が多かったんじゃないかな。個人的には、主に集中力という面でガラ・コンサートはあまり好きじゃないのですけど。

宮本さん十八番のドン・ジョヴァンニとパパゲーノで、私の中ではすべて宮本さんに持ってかれた感じでした(←絶賛してます・笑)。

演奏そのものよりも、曲の合間に司会の方が各ソリスト+指揮者に、モーツァルトへの想いなどを語ってもらってたのが印象的でした。
なかなかこれだけたくさんの演奏者の想いを聞く機会ってないですからね。

広告
カテゴリー: classical music, concert パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中